鉄を守る防錆塗料トモリック  <塩水噴霧試験>
冨士加工紙株式会社お問合せ・御見積はこちらから
 Home >> 新商品のご案内 >> 次世代 長期防錆・防食塗料「TOMORIC」 >> 塩水噴霧試験
Product Information


優れた性能を裏付ける検証結果
塩水噴霧試験(クロスカット試験)
2004年5月、プライメットテクノロジー社研究所にてクロスカット(金属素地表面に達する傷を対角線上に塗膜につける)したテストピース(左図)による塩水噴霧試験を行い犠牲陽極作用を検証しました。
※使用試験装置:
  スガ試験機製 塩水噴霧試験機(JIS K 5600-7-1)

その際、トモリックの防錆効果を比較検証する為、既存技術である溶融亜鉛メッキ(HDZ35相当)、および他社亜鉛金属塗料(膜厚約100µm)を同様にクロスカットした状態で試験致しました。



溶融亜鉛メッキ   他社亜鉛金属塗料

1,949 時間経過


トモリック

6,000 時間経過

溶融亜鉛メッキ(HDZ35相当)を施したテストピースは 900時間経過時点で錆が発生し、1,949時間経過した時には、錆は全体的に広がってしまいました。
また、他社亜鉛金属塗料を膜厚約100µmで塗装したテストピースは、192時間経過時点で錆が発生し、1,949時間経過した時には、クロスカットした部分全体に錆が広がりました。
それらに対し、トモリックを膜厚約100µmで塗装したテストピースは1,949時間経過時点で変化は無く、その後6,000時間を経過した段階でも何ら変化は起きませんでした。

前画面に戻る先頭へ戻る



商品について
会社について
よくある質問
お問合せ

ISO9001:2008取得


ホーム  サイトマップ  リンク Copyright© 2006 FujiImpexCorp. All right reserved.