鉄を守る防錆塗料トモリック  <施工事例>
冨士加工紙株式会社お問合せ・御見積はこちらから
 Home >> 新商品のご案内 >> 次世代 長期防錆・防食塗料「TOMORIC」 >> 施工例
Product Information


施工事例
施工事例(1):「 国土交通省 通信鉄塔工事 」

亜硫酸ガスによる薬品腐食を防ぐ

この鉄塔の下には、ボイラーの排気管があり、そこから出る亜硫酸ガスが薬品腐食を起こす為、ひと冬ごとに塗り替える必要がありました。
そこで、耐薬品性にも良好な「トモリック」を塗装したところ、施工より2年経過した後も、鉄塔は極めて良好な状態を維持しております。
工事名 :三次局通信鉄塔補修工事
工事日 :2003年11月26日
発注者 :三次国道工事事務所
工事管理:(株)日塗
工事作業:(株)日塗

亜硫酸ガスの影響により
薬品腐食を起こした鉄塔
トモリックを刷毛塗りで塗装
トモリック塗装後、2年経過しても良好な状態

前画面に戻る先頭へ戻る

施工事例(2):「 G原子力発電所 」
バイオリアクタ等設置イメージ
2年毎の溶射メンテに代わる
現地刷毛塗り施工


従来までは常温ZnAl溶射で施工をしていましたが、約2年毎にメンテナンスが必要であることから、現場での刷毛塗りが可能で対応年数に優れる「トモリック」が採用されました。
工事名 :加圧型所内用水タンク内面防錆工事
工事日 :2004年12月17日〜19日
発注者 :K電力(株)
工事管理:(株)鶴商会
工事作業:(株)エムテック

用水タンク内面へ
トモリックを塗装
塗装後、塗りの厚みを検査
前画面に戻る先頭へ戻る

施工事例(3):「 Y地熱発電所 」
バイオリアクタ等設置イメージ
メンテ高、コスト高の溶射から
長期防錆塗料の採用へ


常温ZnAl溶射でのメンテナンス施工では、約3ヶ月で錆が発生してしまったことと、溶射ではコストがかかり過ぎるため、トモリックが採用されました。また、海岸に近く硫化水素が流出しているような環境の為、かなり錆びやすい環境である中、半年経過後も良好な状態です。
工事名 :サイレンサー外面防錆工事
工事日 :2005年3月1日〜7日
発注者 :K電力(株)
工事管理:(株)鶴商会
工事作業:(株)エムテック

施工前 下地(バラスト)処理
施工後 トモリック塗装の様子

前画面に戻る先頭へ戻る



商品について
会社について
よくある質問
お問合せ

ISO9001:2008取得


ホーム  サイトマップ  リンク Copyright© 2006 FujiImpexCorp. All right reserved.