金属合紙・防錆紙からガラス繊維・環境製品まで
冨士加工紙株式会社お問合せ・御見積はこちらから
 Home >> 会社について >> 会社沿革
Company Information


会社について−会社沿革

沿革(創業〜昭和61年)沿革(昭和61年〜現在)
1914年
 (大正 3年)
大阪市福島区において加工包装紙の製造・販売を創業。
1918年
 (大正 7年)
合資会社冨士商会に組織変更。
1930年
 (昭和 5年)
大阪市東淀川区に新工場を設立、
ターポリン紙を主とした防湿防水紙の製造・販売を開始。
1942年
 (昭和17年)
当年下期、国策により陸軍監督工場となり弾薬箱内函、防湿筒の製造に着手、昭和20年終戦まで、各種弾薬防湿筒(手投弾、高射砲弾、野砲弾)を製造、終戦と同時に防湿筒製造中止。
1946年
 (昭和21年)
冨士工業株式会社に組織変更。
1947年
 (昭和22年)
農業用加工温床紙の製造・販売に着手、
農林省指定工場となる。
1947年
 (昭和22年)
当年1月
冨士加工紙株式会社として会社成立。
1948年
 (昭和23年)
皺付防水紙「クレープ加工紙」、パラフィン紙の
製造・販売開始。
1951年
 (昭和26年)
日本工業規格表示工場認可
「ターポリン紙60号皺付防水紙662号」。
1953年
 (昭和28年)
米軍JAN-PP115・125「C1・C2」及び140号に合格。
金属の酸化(錆)防止の為、防錆紙「サビノン」の
製造・販売開始。
1955年
 (昭和30年)
ワックスラミネート紙「マルゴン」の製造・販売開始。
1956年
 (昭和31年)
会社規模拡大に伴い、製造拠点として堺市南島に
新工場設立、堺工場とする。
1962年
 (昭和37年)
ロールコーター機導入、堺工場に設置。
1969年
 (昭和44年)
製造〜販売の一元化と会社機能の充実の為、
本社を堺工場に移転。
1975年
 (昭和50年)
多層貼合機導入、堺工場に設置。
1976年
 (昭和51年)
当年、11月 2日増資800万円。
1977年
 (昭和52年)
当年、11月21日増資800万円。
1979年
 (昭和54年)
菱目糸入貼合機導入、堺工場に設置。
先頭に戻る沿革(昭和61年〜現在)

商品について
会社について
よくある質問
お問合せ

ISO9001:2008取得


ホーム  サイトマップ  リンク Copyright© 2006 FujiImpexCorp. All right reserved.